あなたのチャームポイントは?部位別の活かし方

ぽっちゃり体型も、ほっそりスマートに見えるファッション

お腹がプヨプヨだったり、たくましいふくらはぎだったりとコンプレックスの部位はすっぽり隠します。ウエストにお肉がついていても例えばチュニックで覆ってしまいます。そして手首・足首・首は、たいがい誰でも細いものなので、それらの部位は出して見せるようにします。ブラウスは襟を立て袖をまくると活動的なキャリアウーマン風で都会的な洗練されたイメージが出ますし、スカートの丈も長い方がエレガントに見えます。ただし太い二の腕やふくらはぎが、ぶっつり途中から見えてしまうと逆に太って見えてしまうので、太い部位の途中からは顔をのぞかせないようにすることが注意点です。スカートの形もタイトだとピチピチが強調されてしまうので、ロングフレアーで足首を出した方がすっきりします。

メリハリを欠く、やせ型さんの女性らしさ全開の着こなし方

たとえば、ずんどうの幼児体型だったとしても自慢できるところは活かしましょう。ウエストが細いなら、その細さを活かすためにウエストを絞ったファッションを楽しみます。腕でも脚でも細いならどんどん出せばよいですし、ミニのタイトスカートにハイヒールでカツカツ颯爽と風を切るのもいいですが、もし細すぎて女性らしさに欠け貧相に感じるならストールやスカーフを効果的に使ってみましょう。膨張色は太って見えるからと敬遠する必要もなく淡い暖色系ならふんわりあたたかみがでますし、寒色系の綺麗なパステルカラーをポイントに使うのも素敵です。またカシュクールタイプで胸元ふっくら・ウエストはリボンでしばるとメリハリが出てフェミニンな感じに仕上がるのでおススメです。