自分の体を知ることがお洒落の第一歩

流行の服を買ってみたけれど似合わなかったり、実際に着てみると思ったシルエットと違うという経験はありませんか。それは決して体型が悪いわけではなく、体型に合っていない服を選んでいるだけかもしれません。自分の体を知る方法をご紹介します。

服の形で体型を活かす!骨格診断を受ける

洋服を買ったときに、「かわいいと思ったけど、着てみるとなんだかイマイチであまり着ていない…」ということはありませんか?そんなときにおすすめなのが、骨格診断です。骨格診断は体の質感・ラインの特徴など…

Read More

髪の色味を把握する

暗めの髪色の似合うスタイル

黒髪やダークブラウンなどの暗めのヘアカラーには、大人かっこいいファッションがぴったりです。スーツスタイルやジャケットのセットアップなどの着こなしが良く似合います。上品なイメージのファッションを選ぶようにしましょう。おすすめは、深みのあるアースカラーや涼しげな印象のあるアイシーカラーなどを使った服装です。暗めの髪色はモノトーンの服装にも適しているので、オールブラックコーデなどに挑戦するのも良いでしょう。カラフルな色合いの服装を選びたいときは、パステルカラー系の優しい色味のアイテムを選んでください。ビビッドな色合いの服装は、色が浮いて見えるので注意が必要です。鮮やかな色のコーデをしたいときは、靴やバッグなどに取り入れることをおすすめします。

明るめの髪色に似合うスタイル

明るいブラウンや金髪などの明るめの髪色には、可愛らしいイメージのファッションが良く似合うと言われています。フェミニンなロングスカートやワンピース、カジュアルなデニムスタイルもおすすめです。明るめのヘアカラーにカラフルなアイテムを取り入れると、元気で若々しい印象を演出できます。ベースカラーには黒やダークブラウンではなく、ベージュやキャメルなどの明るめのブラウン系カラーを選ぶと失敗しません。インパクトのある鮮やかな色合いが良く似合うので、ビタミンカラーやビビッドカラーのアイテムを積極的に取り入れましょう。優しい色合いを使ったコーデを着こなしたいときは、パステルカラーなどのアイテムをポイント使いすることをおすすめします。

チャームポイントを活かしたファッションの選び方

ファッションを着こなすには、客観的に自分を知ることが大事です。例えば、首が長いなら鎖骨が見える首周りの服を着て、より綺麗に見せるようにしたり、太ももには自信がないけれど、足首は細いならロングスカートで足首だけ見せたりして、自分の良いところを活かすことができます。そして、自分をどう見せたいかを知ることも大切です。大人っぽくしたい、可愛らしい雰囲気にしたいなど、なりたい自分と合った服を選びましょう。

顔の形別!トップスの選び方

洋服を選ぶ際、自分の体形に似合うかどうかで選ぶケースが大半ですが、トップスを購入する時には体型だけでなく顔の形も考慮するとより自分に似合うトップスをチョイスできるでしょう。例えば丸顔さんの場合、ス…

Read More

あなたのチャームポイントは?部位別の活かし方

お腹がプヨプヨだったり、たくましいふくらはぎだったりとコンプレックスの部位はすっぽり隠します。ウエストにお肉がついていても例えばチュニックで覆ってしまいます。そして手首・足首・首は、たいがい誰でも…

Read More